MENU

なぜ背中にニキビができやすいの?原因は過剰な皮脂と乾燥にあった

背中ニキビ原因

 

 

背中ニキビの原因は過剰な皮脂と乾燥にあったんです・・

 

皮脂が過剰に分泌されている

 

人間の肌は、部位によって分泌される皮脂の量に違いはありますが
背中って顔の次に皮脂がたくさん分泌されている場所なんですね。

 

皮脂量が多くなることで、毛穴が詰まりやすくなり、詰まった内部で
アクネ菌が急激に繁殖することで生じる皮膚疾患がニキビとなって現れます。

 

さらに、、普段気づきにくい場所であるため、気づいたときには重症化・・
こんなケースも多々ありますから、常日頃からのケアがとっても大事です。

 

慢性化すると大変ですから、常に背中を清潔に保って
皮脂の分泌量を正常に維持していくことが背中ニキビ対策には有効なんです。

 

肌の乾燥で皮脂の過剰分泌へと

 

肌の表面って、水分と油分がバランスを取り合うことでうるおいを保持しています。
肌が乾燥するということは、バリアが壊れているということになるんです。

 

乾燥によって肌のバリア機能が壊れると
何とか回復しようとして、皮脂を過剰に分泌するようになっちゃうんですね。

 

乾燥により水分が減少することで、角質が硬くなり毛穴も細くなって
結果、皮脂が詰まりやすくなり、ニキビになりやすくなっちゃうわけです。

 

つまり肌の乾燥は、皮脂の減少から過剰分泌までの要因となってしまうのですね。

 

シャンプーやリンスの洗い流しも原因に

 

実は気づきにくい背中ニキビの原因なんですが
シャンプーやリンスの洗い残しも一因となっちゃう恐れがあるんです。

 

皮脂の分泌量の多い背中は、イコール毛穴汚れのとどまりやすい場所

 

身体が温まって毛穴が開くお風呂では、毛穴につまった皮脂汚れを
落とすことがとっても大切なのですが、シャンプーやリンスをすすいだときに

 

流れていった汚れが、毛穴へと流れつまりの原因となっちゃうこともあるんです。

 

シャンプーやリンスには汚れを落とすための、界面活性剤が多く含まれていますが
すすぎが不十分だと肌に残ってしまい、刺激になることでニキビの温床となってしまうわけです。

 

不規則な食生活やストレスにも注意

 

これは背中ニキビだけには限りませんが、偏った食生活や睡眠不足が続くと
ホルモンバランスが乱れ、過剰に乾燥したり皮脂が分泌されすぎてニキビの原因となります。

 

特に肉食が中心だと、ニキビができやすく新陳代謝も滞りがちに・・

 

さらにストレスを受けると、体内で悪玉活性酸素が発生し
周りの細胞を傷つけてしまうほどの強い作用力を持っていますから

 

結果として肌トラブルとなり、表面に現れることが多いわけですね。

 

背中ニキビ解消法

ですので、背中ニキビを予防するためにはまず清潔を心がけ
うるおいを保って刺激から肌を守るバリア機能を維持していくことがポイントです。

 

プラクネは背中以外にも、全身に使えるオールインワンジェルですので
毎日のケアと正しい生活習慣でニキビの予防や改善に努めましょう!